遠心器量や重力などについて習得をしていました

地球について実践をしました。地表のものに働く重力は緯度や高さ、地中の作りによっても異なります。遠心思いの丈は周期スピードが大きいほど、また周期センターからの開きが大きいほど大きくなる結果赤道でマキシマムになりますが、そのバリューは甘言の1/300にすぎないので、重力の対象は断じて地球の重心に向かいます。重力の対象は鉛直の向きで、これと直角な状況が水平面だ。重力のがたいは重力によって落下するものの加速度で表され、おそらく9.8m/sですが緯度により異なり赤道で最低、極でマキシマムとなります。地球の磁場(磁界)は、地球の中心に自転センターと約11°傾けておかれた棒磁石による磁場に似ています。そんな、地球の有する磁気とそれによる磁場を地磁気といいます。地球の磁場は、1つの無限磁石による磁場に近いです。赤色の線は磁力線を表します。伏角は北磁極では90°、南磁極では−90°になります。このようなことを覚えましたが、知らないことばかりでした。http://www.britishcarriagedriving.co/

遠心器量や重力などについて習得をしていました