隅々まで道場を知り尽くした草分けのような駆け出し門下生

「なんと。こっからその後は言語道断。追い出されちまう。特に、そっちの二座敷が秘密の花園って人です」
 さすがのN・Tもおかあさん座敷に侵入して行く度胸はないようだった。その後もN・Tはひとつひとつの座敷を充分な時間をかけて丁寧に品評しながら案内してくれた。
「ここは週間替わりで使ってる旦那座敷らしき。通称『賢者の座敷』です」
「賢者の座敷?」
「だいたい、要するにオ○ニールームってことだろう」
 N・Tの憶測はそれほど類を射ているのかもしれない。
「っていうか、一体全体アンタ今朝きたばっかなの?なんかここの間取りにあんまり明るいけど」
 見取り図でも見せて貰ったのだろうか、あたかも道場をあちこち知り尽くした手練手管のさきがけのようにサマリーを講じるN・T。ひょっとするとこの男はN住居の親せきか何かなのかもしれないという疑問まで浮上して生じる。
「皆が農作業に行ってる機会、休暇だったもんで。みずからどっか散策してたらHくんが帰ってきてから色々教えてくれた」
 N・Tは何一つ泥棒みたいな人間です。キレイモパックプランローン

隅々まで道場を知り尽くした草分けのような駆け出し門下生